先日、地元の植物園でヒガンバナを撮影したのですが、イマイチパッとしないものでした。(下の写真。)

それで、近場にヒガンバナの名所的なものはどこかにないのかなと思って、少しググってみたところ、大阪府内では万博公園が筆頭で、「んな辺鄙なとこに行けるかいな」という感じに。もう少し調べると、どうやら大阪城公園に行けばあるっぽいという情報が。ということで、カメラを持って出かけることにしました。

ちなみに、大阪城公園の地図はこちらです。

今回は、北西端にある天満橋駅から京橋口を目指しました。ついでと言っては何ですが、大阪ビジネスパークの写真も撮影しました。

撮影地は大阪橋です。ここから大阪城天守閣も眺めることができます。

手前に写っている廃墟と化した西洋建築は旧陸軍大阪砲兵工廠跡です。

さて、そこから進んで、外堀を越えて内堀に進みます。肥後石付近で少しだけヒガンバナを見かけましたがスルー。内堀沿いを眺めると、ヒガンバナを発見。

大阪城天守閣と組み合わせて、こんな感じになりました。この写真はオリンパスE-PL8で撮影しました。

そこから極楽橋を渡って天守閣へと進みます。

天守閣周辺は、ヒガンバナはほとんど見かけずでした。唯一、白いヒガンバナが天守閣正面の広場で咲いているくらいでした。

桜門から本丸を出て、市民の森へ向かいましたが、こちらもちらほらと赤いヒガンバナを見かける程度でほとんど咲いていませんでした。ついていません。仕方がないので、西の丸庭園を覗くことにしました。

西の丸庭園入り口にはヒガンバナの群生があるという情報を得ていたのですが、2020年は大外れの年だったようです。ほとんど咲いていませんでした。唯一と言ってもいいくらいに咲いていたのはこちらの紅白のヒガンバナです。

正直、大阪城公園まで行くことはなかったかもしれないというくらいに不作でした。残念。例年はもっと咲いているらしいですが。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村