先日、アメリカのAmazon.comに楽譜を2冊注文しましたところ、運送会社が”APEX”となっていました。あまり見かけない業者だなと思いつつ、荷物の追跡をしようと思ったら、一ひねりあったので書き残しておきます。

APEXの時は『ECMS tracking』で検索すること!

一番大事なことですがAPEXという運送業者はECMSという会社になるみたいです。単に『ECMS』だけで検索しても日本法人のホームページにしか行けません。そちらでも追跡は可能ですが、今回は検索ワードに『tracking』を追加してください。

すると、検索の上位に『ECMS-Tracking』(https://consignee.ecmsglobal.com/brige/showtracking)というページがあるので、そこにアクセスします。

ここの検索ウィンドウにAmazonから入手したTracking IDをコピペしたら日本国内の運送業者に渡るまでの荷物のありかがわかります。

逆に言えば、日本の税関を通過した後はこのトラッキングIDは使えません。国内に入るまでの情報しかわかりません。

日本国内における荷物の運送状況を調べるには

それで、どうしても日本国内に入った後の荷物の居場所を突き止めたい場合は、ECMSの日本法人にメールで国内の運送業者とトラッキングIDを照会するしかないようです。ホームページはこちらです。

なお、こちらのホームページからでも国内に入るまでの荷物の追跡は可能です。この画面です。英語のページに不安感がある場合はこちらを参照するといいでしょう。(アメリカのAmazon.comで買い物する人にそんな人がいるかはわかりませんが…)

今回、私の場合は国内の運送業者が日本郵便でした。他の方も日本郵便が多いみたいですので、APEXで送られてくる場合は同じケースが多いかと思われます。

発注はお早めに。

ちなみに、Amazon.comで注文した際に、到着は10月9日になっていましたが、結果的には2日前倒しの10月7日に到着しました。海外からの荷物は納期が読めませんので、納期に関わらず早めに注文した方がいいでしょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村